採用情報

働く環境を知る

仕事の内容

介護の仕事とは

生活に介護の必要な高齢者や身体障害者に対して、入浴、排せつ、食事などの生活上必要な介護を行うほか、要介護者やその家族に対して介護に関する指導を行う専門職です。

特別養護老人ホームの介護スタッフ

施設で生活する要介護者の日常生活を全般にわたって援助します。排せつの介助やおむつの交換、食事や入浴の介助、衣服の脱ぎ着から移動、身の回りの世話などが日常の業務です。このほか、介護計画の作成や入居者の家族との連絡や施設内のクラブ活動の計画といった企画・調整的な仕事にも関わります。施設や病院では多様な職種の職員との連携し合いながら進める仕事です。

通所介護(デイサービス)の介護スタッフ

要支援・介護者の家庭にお迎えし、施設まで送迎して介護サービスを提供する仕事です。(自宅から)外出して介護を受けることにより、要援護高齢者とその家族が安心して在宅で生活を行えるように援助することが目的です。仕事内容は、入浴・清拭・排泄・食事・衣類の着脱といった「身体介護」、レクリエーションや、機能訓練の補助といったことまで多様な仕事があります。また自宅で生活される方への支援ですから要介護者の家族、主治医、保健師、民生委員近隣の人達とのコミュニケーションも大切な仕事です。多くの職員との連携し合いながら進める仕事です。

訪問介護(ホームヘルパー)の介護スタッフ

要介護者の家庭を訪問し、要援護高齢者等とその家族が安心して在宅で生活を行えるように援助する仕事です。仕事内容は、入浴・清拭・排泄・食事・衣類の着脱などの「身体介護」、調理・洗濯・清掃・買い物などの「家事援助」のほかに、通院の介助、買い物、散歩の同行、相談やアドバイスをする「生活支援」まで、生活全般にわたります。また要介護者の家族、主治医、保健師、民生委員近隣の人達とのコミュニケーションも大切な仕事です。

看護スタッフ

施設での看護スタッフのしごとは、利用者の服薬管理やバイタルチェックが中心となります。その他入浴介助、清拭等によって全身状態を観察し、変化や異常がないかを確認すること、内服薬を正しく服薬しているか、また糖尿病などの疾患の管理などがあります。施設での看護スタッフの業務は、急性期の病院の看護師の業務と異なり、最新機器の使用方法、新たな手技・手法への対応などといった外的な環境変化への対応ではなく、お一人ひとりの利用者やそのご家族と向き合いながらその方らしい生活が実現できるような支援をすることが中心となります。

  • 必要な資格 ・・・ 看護師または准看護師

ケアマネジャー

ケアマネジャー資格は介護保険制度の誕生(2000年4月)と同時に生まれました。ケアマネジャーは在宅介護や介護保険施設などで(居宅)施設サービス計画(ケアプラン)を作成することが根幹となる仕事です。

(1)介護サービス計画(ケアプラン)の作成

認定を受けた本人がどのようなサービスを必要としているのか、個別のニーズを調査・分析して、ニーズに応じたプランを作成します。

(2)サービス事業者との連絡調整

連絡調整とは、利用者に対して適切な介護サービスの提供可能な事業者や施設を探し、実際にケアプランを実行できるようにすることです。この業務をうまく進めていくには、地域の介護サービス事情や事業者情報を的確に把握しておく必要があります。

(3)モニタリングと再評価

ケアマネジャーは、利用者に介護サービスが開始された後も、提供されているサービスが適切かどうかを、利用者、事業者の双方から情報を収集し定期的(1か月に1度)、継続的(契約期間中を通通じて)に観察(モニタリング)していく必要があります。調査・分析結果に応じて、ケアプランの変更修正を行います。

  • 必要な資格 ・・・ 介護支援専門員(ケアマネジャー)

生活相談員

生活相談員は要介護者が本人の能力を生かして日常生活を円滑に送ることができるように、肉体面、精神面、経済面などあらゆる角度から援助・指導することになります。ケースワークやグループワークなどを通して相談・援助をする社会福祉の代表的な仕事として知られています。日常的には入退所、利用開始や終了の手続きをはじめ、入所者やその家族の相談に乗ったり、生活指導の計画案を作成したりします。また、福祉事務所などの公的機関とのコミュニケーション、他事業所、施設などとの地域ネットワークづくりも重要な仕事の1つです。

  • 必要な資格 ・・・ 社会福祉士または社会福祉主事任用資格

調理スタッフ

施設内の朝食、昼食、夕食を調理して、後かたづけといったものが主な内容になります。食事の形態などについても介護士などの指示によって食事の形態を変えて提供したりすることもあり、安全で安心して食べてもらえる為に気をつけることも必要になってきます。また高年齢の方にとっての楽しみである食事ですので、安全で安心な上で見た目で食欲がでるような工夫も大切です。

  • 必要な資格 ・・・ 調理師

研修体制

職員一人ひとりのサポートにも力を入れています。新任研修はもちろんのこと、各職員の個性を尊重し、個々に自立しながら助け合い、成長する職員の育成を目指します。更に、職員がその職務に必要・有益となる資格を取得することを奨励し、指定する資格取得(社会福祉士、介護支援専門員、介護福祉士等)を目指す場合には、研修助成金、取得報奨金を支給します。教育研修の強化によって、法人が提供する福祉サービス全般の質の向上を図ります。

研修の流れ

1

浄光会新任研修では、基本理念の理解を深め、浄光会の一員となることでご利用者に求められる職員を目指し、より具体的なテーマ(仕事とは?介護とは?等)に沿って、各担当者からの説明を行います。

新人研修

新人研修

2

集合全体研修では新人職員からベテラン職員までの一人ひとりが介護・看護のプロフェッショナルを目指して常に成長していけるための環境づくりを進めております。

【研修実績】 介護人間力向上研修会/アンガーマネジメント研修会/リスクマネジメント研修会/救急救命研修会 など

アンガーマネジメント研修会

3

キャリアアップ研修では、基本作業の標準化講習をはじめ、業務上必要で高度な専門知識とスキルの習得により、職員全階層の更なるレベル向上を目指しています。

【研修実績】 介護技術研修会(トランスファー/更衣介助/入浴介助/排泄介助) など

介護技術研修

介護人間力向上研修

キャリアパス

職務等級制度

現段階での職員の能力を評価し、各階層に応じた責任と役割を付与するといったキャリアパスを設計することにより、職員個々のモチベーションを向上させ、組織力を強化し、支援の種類、量、質の向上を目指すことを目的として職務等級制度を実施しています。

職務等級制度の構造

新任層には現場で必要な知識や技術を身につけ、経験を積み上位の階層になるにつれ法人経営に影響を及ぼすスキルを身につけます。また、各階層に応じた責任と役割・権限を付与します。 これにより、職員のモチベーションの向上と、永続的な組織作りを目指します。 浄光会の職務等級は、上位の階層に行き、責任ある立場として働く職員に成長するためには何が必要かを考え、その実現に向かうことを目指しています。

NEXT:働く人を知る