採用情報

浄光会を知る

浄光会で働く魅力

地域の皆さまの幸せと笑顔を創る
やりがいのあるお仕事です。

浄光会は、約40年の間、地域生活の支援として福祉サービスの拠点となり、地域として抱える高齢者介護の課題を解決すべく取り組んでいくことにより、地域住民の方に信頼され、お役に立てる施設としてその存在感を示してきました。

ご利用者様が気持ちよくお過ごしいただけることを第一としながらも、ご利用者様の家族、そして、職員とその家族など、介護を通して係わり合う方たち全てが笑顔で幸せになってほしいという想いで、職場環境も年々よりよいものに創り上げてきました。

介護はたくさんの方を幸せにしていくお仕事です。
あなたも楽しくやりがいのある浄光会の一員として、私たちと一緒に働いてみませんか?

浄光会の強み・魅力

介護のプロとしての技術や知識がしっかり身に付く職場です。

浄光会は、長年の運営を基に、先輩もたくさんの介護の経験、技術、ノウハウを持っていますので、未経験者の方でも介護のプロとしての技術、知識、対応力がしっかり身につく職場です。

資格がない方も在職中に資格が取れるようサポートしており、たくさんの方が在職中に資格を取得しています。

明るく元気な仲間たちと気持ちよく働くことができます。

浄光会の特長として、明るく元気な職員が多く、立場に関係なく話せる風土があります。

経験に関係なく自分の意見を発信でき、良いアイディアはどんどん取り入れていくポジティブな環境で気持ちよく働くことができます。

教育体制としてエルダー制度の導入により、新入職員が安心して働けるよう経験豊富な先輩職員がマンツーマンで仕事を教えます。

教育体制としてエルダー制度の導入により、新入職員が安心して働けるように経験豊富な先輩職員が担当に付き、一対一で仕事を教えます。

OJTや面談等を通して先輩職員によるマンツーマン指導により実践を通じて新入職員が日々の仕事を覚え、技術を高めていくことができます。

この制度の導入により、スタッフの離職を防ぎ、育成を続けていくのに効果を発揮しております。

求める人材像

浄光会で働く職員は、以下の行動指針4項目を常に考え実践しています。

私たちは、これから⼀緒に働く仲間として、これら行動指針に共感し、仲間を尊重しともに力を合わせ頑張っていける人材を求めています。

社会福祉法人 浄光会 職員行動指針モデル行動4項目

1優しい言葉

2明るい笑顔

3おもいやる心

4協調性と
コミュニケーション

人事担当者からのメッセージ

社会福祉法人 浄光会
花の苑施設長

斉藤 敬太

福祉・介護は「やさしさ」「笑顔」「思いやり」 で幸せにする
「人財あっての」仕事です。

社会福祉法人 浄光会
花の苑施設長 斉藤 敬太

「福祉は人なり」と言いますが、支援をするスタッフの質がサービスの質を決めるといって過言ではありません。浄光会では高い専門性と、豊かな人間性を兼ね備えた、前向きに活き活きと仕事に取り組む職員を育成することに力を入れています。

また、介護の仕事は人と深く関わる仕事のため、人としての心の在り方がとても重要です。本会では、テクニック的なことや学歴だけで人を判断せず、どんな想いで仕事をしているかを大切にしています。

現在、弊社で働くスタッフの数は、全員で約100名です。年齢的な内訳を見ると10歳代~60歳代まで幅広く、自分のライフスタイルに合わせて活躍しています。また、ご入職される職員の約半数近くが未経験者の方というのも大きな特徴です。浄光会では介護の経験がなくても「介護をしてみたい」「ご利用者とのふれあいを大切にしたい」という思いがある方を多く採用しております。

また、1人1人の職員と向き合い、厳しくも優しい職場環境を目指しています。

平成27年度より人事制度改革を敢行し、「人財」の定着や成長を促すために積極的に正職員登用を行っています。職の安定なくして、質の高いケアは成り立たないとの思いから、同一労働・同一賃金を合言葉に、同職種間の不公平感を軽減し、チーム一体となって働ける土壌を整備しております。

法人全体が一つのチームとして同じ目標に向かう、そんな組織を目指しています。

NEXT:働く環境を知る