地域貢献事業

取り組みが義務付けられる地域貢献事業の実施

国の政策としても、社会福祉法人は株式会社等の他の経営主体と異なる役割を果たし地域のニーズへの対応をしっかり取り組んでいかなければ社会福祉法人の存在意義そのものが認められなくなると考えており、今回の制度改正により内部留保金を地域貢献事業の費用として地域に還元すべきだとの方向性を示しております。

社会福祉法人浄光会としては、早くから地域貢献についての意識を持ち、

ア. 認知症カフェの実施運営、開催場所の提供(実行委員会事務局)

イ. 社会福祉法人等による介護保険利用者負担額軽減制度の実施により、低所得者の負担軽減を 図る

ウ. 介護保険制度では利用できない介護保険非該当サービスや入院中の生活支援等を目的とした介護保険外支援サービス(低額な料金でサービス提供)

エ. 地域に根ざした施設による夏祭りの実施(要介護高齢者、障がい者を招待)

オ. 各種専門学校や大学等の介護施設実習や職場体験による人材育成

カ. 遠軽町社会福祉協議会とのタイアップによる介護職員初任者研修(人材開発・育成)

キ. 低所得者への居住の確保として住宅型有料老人ホームの事業運営

ク. 在宅重度要介護高齢者へのストレッチャー入浴の提供

ケ. 介護予防教室等へ開催場所の提供

コ. 近隣自治体の会議や会合へ開催場所の提供

以上の地域貢献事業を既に実施、または今後実施していくことで地域に貢献していきます。

まずは、主たる事業である社会福祉事業を効果的に実施することが、公益性を維持する上で必要不可欠であり、既に実施している社会福祉事業を安定的に運営することに今一度注力していきます。合わせて、実施している地域貢献事業を自法人のホームページ上などに掲載することで地域住民などから社会貢献を果たそうとしている法人であるという理解が得られ、その事業を通じて法人にとっても多くのメリット(利用者獲得や人材確保の面)を得られることが期待できますので、広く周知することに努めていきます。

介護保険外支援サービスについて

社会福祉法人浄光会では介護サービスの向上を目指し、高齢・突発的な病気・けが等により介護等の支援が必要な方へ、介護保険制度では対応できない場合でも、通所介護・訪問介護等の生活支援を目的とした介護保険外支援サービスを低額な料金で提供しています。

詳しくは下記の資料をご覧ください。

花の苑 夏祭り

低所得者向け有料老人ホーム

予防運動教室(ふまねっと運動等)への施設開放